埋没毛が悪化手術しないとと言われ脱毛に行くことに

むだ毛を不快だと感じ、処理し始めたのは中学生の頃でした。

市販の剃刀を使い、お風呂で体を洗った泡で刃をあてて処理していました。

現在のむだ毛処理の常識ではそれが如何に肌に悪影響があるか知らずに、その後もずっとその方法をとっていました。

さらに、わき毛は毛抜きで引っこ抜き、むだ毛に対して逆剃りをする、剃刀の刃をお風呂に置きっぱなしで切れ味が悪くなるまで替えないなど、やってはいけない方法を十数年続けてしまいました。

それらはすべて、不衛生でむだ毛の剛毛化につながり、埋没毛を作り出す原因となってしまいます。

美容情報に関してうとく、手っ取り早く処理することを優先し続けたため、現在私のすね毛は目立つほど濃く、太く、そして脇に関しては全体的に色素が沈着して黒ずみ、埋没毛が数か所見受けられるようになってしまいました。

夏場、薄着が多くなる季節は毎日のようにケアしないと、目立つむだ毛が気になって仕方がありません。

暑がりでもあるので、真夏に長袖は耐えられないので、面倒ですが頑張って丁寧にシェービングしています。しかし、毛質がすでに剛毛化しているので、少しでも見逃しがあると目立って仕方ありません。本当に困っています。

それでも、脱毛エステや脱毛家電に頼るのには金銭的な面で抵抗があり、まだ自宅ケアを続けていました。

しかし、最近脇の埋没毛の毛穴に雑菌が溜まり、膿をもって赤く膨らんでしまう事態になり、皮膚科で診てもらうことになりました。

私の皮膚の状態を見て、先生は「これは手術しないときれいには治らないよ。」とおっしゃいました。正直、普段のむだ毛ケアでここまでの事態になるなんて想像もしていなかったので、愕然としました。

今のところ、膿を抜いて様子を見ているところですが、まだ埋没毛の箇所はいくつか残っており、肌も全体的に汚いので、近いうちに専門の脱毛エステに通おうか真剣に考えているところです。

ここまで、自己流のむだ毛処理による肌荒れや剛毛化してしまうと、取り返しがつかないので、やはり脱毛エステを頼りにしたいと思います。

※参考サイト:http://xn--cnqx7j1uyhqt.jp/